« グーグルの買収 | トップページ | 教員数 »

グーグルの人格権問題

グーグルの検索結果の
人格権問題です。

日本人男性の人格権が侵害されているとして、

東京地裁がインターネット検索最大手
「グーグル」に対して、検索結果の
一部の削除を命じた仮処分決定についてです。
グーグル日本法人は22日、朝日新聞の
取材に「命令に従う」と明かしたそうです。
男性の代理人によると、仮処分で削除を
命じられた122件の検索結果は、ほぼ
すべて表示されなくなったそうです。
グーグルが決定に従う姿勢をみせたことで、
今後、ハードルが高いと思われていた
「検索結果の削除」を求める人が増える
可能性があるそうです。
やっぱり、個人情報を検索結果に
表示するのが、問題がありますね。
でも、グーグルが裁判所の決定に
従ったのはよかったですね。

|

« グーグルの買収 | トップページ | 教員数 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事