« エボラ出血熱の薬 | トップページ | 御嶽山の噴火 »

日米防衛協力の指針

日米両政府は8日、外務・防衛局長級
による防衛協力小委員会を防衛省で
開いたそうです。

日米防衛協力の指針(ガイドライン)の
見直しに関する中間報告をまとめたそうです。

朝鮮半島有事など日本周辺で自衛隊が
米軍を後方支援する現行の「周辺事態」を
削除し、平時から「緊急事態」まで切れ目なく
米軍支援を可能にするそうです。

米軍への後方支援や海洋安全保障での
対米協力の範囲を「グローバル(地球規模)な
平和と安全」を目的としたものにまで拡大する
ことも明記したそうです。

一連の見直しによって自衛隊の活動に
地理的制約は事実上なくなるそうです。

両政府は年内に見直し作業を完了させるそうです。

いろいろな場合があります。

国会でも議論されていましたが、
周辺事態が刻々と変化しています。

それに対応することが重要ですね。

|

« エボラ出血熱の薬 | トップページ | 御嶽山の噴火 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事