« アメリカの失業率 | トップページ | 日米防衛協力の指針 »

エボラ出血熱の薬

富士フイルム株式会社の開発した薬が

エボラ出血熱に効果があるそうです。
世界中で注目されているそうです。
富士フイルム株式会社は、ドイツの医療機関から、
ランクフルト大学病院に搬送されたウガンダ人の
エボラ出血熱患者の治療のために10月4日
(現地時間)に「アビガン錠」が投与されたとの
連絡を受けたそうです。

富士フイルムはドイツからのアビガン錠提供依頼に対し、
日本政府と協議の上で緊急対応したそうです。
投与された患者は、シエラレオネ共和国で
医療活動に従事しているなか、エボラ出血熱
ウイルスに感染していることが判明したそうです。
治療のためにフランクフルトへ移送されていたそうです。

富士フイルムの「アビガン錠」に対しては、
既にフランス、ギニア両政府がエボラ出血熱に
対する中規模の臨床試験を実施することを
検討しているそうです。
すごいですね。
もし、効果があるなら、世界中で使用することが
できます。
早急に試験が必要ですね。

|

« アメリカの失業率 | トップページ | 日米防衛協力の指針 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事