« セブン&アイの業績 | トップページ | アメリカの失業率 »

エボラ出血熱

エボラ出血熱が拡大しています。

フランスの記事だそうです。

フランス人の女性看護師がリベリアで
医療活動中にエボラ出血熱に感染しました。

日本の製薬会社が開発した インフルエンザ
治療薬を投与された後、快方に向かって
いるそうです。

治療薬は、富士フイルム傘下の富山化学工業
(東京)が開発したファビピラビル(販売名・アビガン錠)
だそうです。

 
今年3月に日本で承認を取得したが、エボラ熱に

対する承認は得ておらず、エボラ熱の患者への
投与は初めてだったそうです。

 
フランスからの要請を受けた富士フイルムが、
日本政府と協議の上で薬を提供。 
看護師は9月19日から服用を始めていたそうです。

良くなっているのは、よいことです。
致死率が高いですからね。

日本でも、早急に薬を承認しないといけませんね。

|

« セブン&アイの業績 | トップページ | アメリカの失業率 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事