« PCの部品が値上がり | トップページ | 驚安堂(きょうやすどう) »

アビガン錠

富士フイルムホールディングスの
子会社の富山化学工業が開発した
「アビガン錠」についてです。

年末から年明けにもエボラ出血熱の
治療薬として国際的に承認される
可能性があるそうです。

アビガン錠は、エボラ熱の治療薬として
承認を受けるため、フランスとギニアの
両政府が共同で、11月中旬から、ギニアの
患者60人による臨床試験(治験)に入るそうです。

治験の結果は12月末にも出て、その後
1カ月程度で医薬品の承認を受ける見通しの
ようです。

この治験は世界保健機関(WHO)も
関知しているため、国際的な承認薬として
世界に出荷する方向で調整しているそうです。

効果もでているようです。

いいですね。
感染力の強いウィルスで世界中で
使用される可能性があります。
企業としても影響が大きいでしょうね。

|

« PCの部品が値上がり | トップページ | 驚安堂(きょうやすどう) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事