« 税金の無駄遣い | トップページ | PCの部品が値上がり »

解散総選挙の可能性

今月に入り、衆議院の早期解散の

可能性が盛んに議論されているようです。
11月9日付けの『読売新聞』では、
「消費税率10%への引き上げを先送りする場合、
今国会で衆院解散・総選挙に踏み切る方向で
検討していると書いているそうです。
「12月2日公示・14日投開票」、
「9日公示・21日投開票」という
具体的日程にまで言及しているそうです。
安倍首相自身は9日午前中に
羽田空港で解散について「全く考えていない」と
否定しているそうです。
現在、報じられているのは首相が
来年10月に予定されている消費税率の
10%への再引き上げを「先送り」した上で、
安倍内閣の経済政策、あるいは「先送り」を
問うために解散に踏み切るという可能性が
あるそうです。
どこまでが、本当かわかりませんね。
マスコミも煽っているだけのような
気がします。
解散しても、同じだと思います。
他の野党が勝つ可能性は
少ないですね。
やっぱり自民党でしょうね。

|

« 税金の無駄遣い | トップページ | PCの部品が値上がり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事