« 餃子の王将 | トップページ | 鳥インフルエンザ »

南シナ海

南シナ海の領有権問題です。

フィリピンが常設仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)に
国連海洋法条約に基づいて中国との
仲裁を求めているそうです。

ベトナムも自国の主張を伝えたそうです。

正式な仲裁当事国ではないが、事実上
国際司法に判断を求めた形だそうです。

中国と越比両国は政治的に融和を
演出してきたが、司法を舞台に対立が
深まりそうです。

フィリピンが中国を相手に仲裁を
提起したのは13年1月だそうです。
中国が参加を拒絶し、中国不在のまま
仲裁人によって手続きが進行、裁判所は
中国に陳述書の提出を求めていたそうです。

だが中国は今月7日、
「裁判所には管轄権がない」とする
文書を公表、あわせて南シナ海の
ほぼ全域を中国領とする従来の主張を
展開したそうです。

これにベトナムが反応したそうです。
中国の主張を拒絶したそうです。

中国は、昔から周りの国といろいろ
あります。
これから、どうなるでしょうかね。

|

« 餃子の王将 | トップページ | 鳥インフルエンザ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事