« ルーブルの急落の影響 | トップページ | 沖縄県知事 »

平昌冬季五輪

2018年の平昌冬季五輪の地元・江原道で、
五輪開催に伴う財政負担への懸念が
強まっているそうです。

7日の韓国・文化日報の記事だそうです。

これまでに確定している江原道及び傘下自治体の
五輪関連支出は 6813億5000万ウォン
(約740億円)にのぼっているそうです。

確定していない関連施設の建設費用の
地方負担分を合わせれば、7000億ウォンを
はるかに上回るそうです。

だが、江原道の財政自立度は21.61%と、
韓国の17広域市・道の平均46.95%の
半分以下だそうです。

すでに8451億ウォンの債務を抱えているそうです。

オリンピックが出来るのでしょうかね。
お金の問題もあるようですが、雪の問題も
あります。

地理的に屋外の競技は雪が不足するそうです。

それでも、立候補しましたからね。
どうするのでしょうか。

|

« ルーブルの急落の影響 | トップページ | 沖縄県知事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事