« インフルエンザ | トップページ | マグロが大量死 »

超富裕層への負担

オバマ米大統領は20日、2015年の

一般教書演説に臨んだそうです。
超富裕層への優遇税制の見直しを
柱に格差是正を目指す方針を
表明するそうです。
残り2年の任期で、中・低所得層を
全力で支援する考えを強調するそうです。
野党・共和党の協力を得られる目算は
立っていないそうです。
大統領は超富裕世帯の相続関連の
優遇税制廃止のほか、キャピタルゲイン
(有価証券譲渡益)や配当に対する
最高税率の引き上げを主張しているそうです。
大手金融機関約100社に新たな負担を
課すことも提案するそうです。
アメリカは、アメリカンドリームがあるから、
アメリカがあると思います。
だから頑張ります。
そして、金持ちになります。
富裕層から税金をとって、貧しい人に
分配するのは、普通の国です。
どうなるでしょうか。

|

« インフルエンザ | トップページ | マグロが大量死 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事