« ラグビーW杯 | トップページ | 中国の国防予算 »

外務省のホームページ

外務省は、同省ホームページ(HP)で
韓国を紹介する記述を変えたそうです。

以前は、
「我が国と、自由と民主主義、市場経済等の
基本的価値を共有する重要な隣国」
だったそうです。

2日までに
「我が国にとって最も重要な隣国」と
変えたそうです。

同省は「最近よく使う表現に合わせた」と説明しているそうです。
韓国に対する意識の変化が背景にあるようです。

安倍晋三首相は、2月の施政方針演説で、
韓国について
「最も重要な隣国」とのみ表現したそうです。
「基本的価値と利益を共有する」と述べた2013、
14年と比べ短い表現になったそうです。
日韓外交関係者の話題になっていたそうです。

日本は、韓国をそんなに必要としていないと
いうことです。
中国は、大きな市場がありますが、
韓国には、メリットはありませんね。

反日ですし、仲よくしようという意図は
ありませんからね。

意識がどんどん変化しています。

|

« ラグビーW杯 | トップページ | 中国の国防予算 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事