« 年金の運用益 | トップページ | ラグビーW杯 »

かんぽの宿

保養宿泊施設「かんぽの宿」です。

日本郵政は28日、道後(松山市)や白浜(和歌山県白浜町)など、
全国9カ所の営業を8月末で終了するそうです。

入札を経て売却する方針だそうです。

今年秋以降の株式上場を目指す日本郵政は、

企業価値向上のため、不採算が続く
保養宿泊施設の整理を進めているそうです。

今回、地元自治体などと調整がついた
9カ所の追加売却を決めたことで、9月以降は
50カ所に減少するそうです。

営業終了する残り7施設は、

三ヶ根(愛知県西尾市)、
熊野(三重県熊野市)、
皆生(鳥取県米子市)、
美作湯郷(岡山県美作市)、
坂出(香川県坂出市)、
山鹿(熊本県山鹿市)、
那覇レクセンター(那覇市)
だそうです。

かんぽの宿は儲かっていない所が
多いですね。
でも、辞めることもできません。
従業員を雇っているだけでも
勿体ないですね。
 

|

« 年金の運用益 | トップページ | ラグビーW杯 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事