« 小説「火花」 | トップページ | 軽減税率 »

缶コーヒー業界

コンビニエンスストア大手に一気に

いれたてコーヒーの販売広がりました。
繰り広げられる「コーヒー戦争」が、
「第二幕」に突入したそうです。
コンビニによる攻勢の煽りで苦戦する
缶コーヒー市場をめぐっては、事業撤退が
相次いでいるそうです。
日本たばこ産業(JT)が今年9月末をめどに、
缶コーヒー「ルーツ」を含む清涼飲料事業から
撤退したそうです。
ネスレ日本も缶コーヒー事業を3月に打ち切ったそうです。
一方、最大手で「ジョージア」ブランドを
展開する日本コカ・コーラグループは、
セブン&アイ・ホールディングスと共同企画した
缶コーヒーを4月21日、全国のセブンイレブン、
イトーヨーカドーなどで発売したそうです。
コンビニの入れたてコーヒーが
どこでも手軽に飲めます。
アイスコーヒーは、氷がいいですね。
もう缶コーヒーの時代ではないかも
知れません。
新しい価値が必要ですね。

|

« 小説「火花」 | トップページ | 軽減税率 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事