« なでしこジャパン | トップページ | ネパール地震救援 »

PCのゾンビウィルス

インターネットバンキングの利用者を狙った、

駆除しても消えない新種ウイルスにです。
そのウィルスによるサイバー攻撃が、
国内で4月までに666件確認されているそうです。
新種ウイルスは、対策ソフトで
駆除となった後もパソコンを誤作動させ
続ける“ゾンビ型”だそうです。
利用者は暗証番号などを盗まれた
ことに気付かないまま現金を
引き落とされる恐れがあるそうです。
ネットバンキングを利用する際には
通常、パソコンからの通信で金融機関の
サイトを管理する正規サーバーに
アクセスし、出入金などの手続きを行うそうです。

これに対し新種ウイルスは、感染と
同時にパソコンの通信機能に誤作動を
起こさせるようプログラムされているそうです。
正規サーバーにアクセスしようとすると
サイバー犯罪者が用意した別の
サーバーに自動的にアクセスさせる。
そのサーバーは金融機関のサイトに
そっくりな偽画面を表示し、暗証番号や
ID、パスワードを入力させて盗み取るそうです。
怖いですね。
どうやったら感染しないように
できるのでしょうか。

|

« なでしこジャパン | トップページ | ネパール地震救援 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事