« 韓国外相が訪日 | トップページ | ヒラリークリントン »

太陽光の申し込み

九州電力が4月に受け付けた太陽光発電の
接続契約の申込件数です。

788件で、前年同月(7053件)より
88%減ったそうです。

新ルールで九電が発電事業者に求められる

出力抑制の期間が無制限になったことに加え、
再生可能エネルギー固定価格の
買い取り制度の買い取り価格が引き下げられた
影響だそうです。
太陽光の普及拡大に急ブレーキが
かかっているそうです。
でも、わかっていたことだと
思いますよ。
価格が上がると、皆、太陽光を導入します。
でも、太陽ですから、同じ時間に
同じ場所で電気が作られます。
夜中とか、雨の日は太陽光は
できません。
電気って、ずっと安定的に必要ですからね。
太陽光のデメリットです。
増えれば、当然、買い取り価格は下がります。

|

« 韓国外相が訪日 | トップページ | ヒラリークリントン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事