« ねこあつめ | トップページ | ウェアラブル玩具 »

少年法

選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げる

改正公職選挙法が成立しました。
自民党は18日、成年年齢に関する
特命委員会(今津寛委員長)を党本部で
開いたそうです。
対象年齢を「20歳未満」とする
少年法の改正に関する議論を
開始したそうです。
出席者からは、年齢の引き下げを
求める意見が相次いだそうです。
党内には異論もあり、慎重に意見集約を
進めるそうです。
18日の会合では、少年法を所管する
法務省の担当者が出席し、海外の参考例として
18歳が成人のドイツの手続きなどを
紹介したそうです。
また、非行少年の更生を支援する保護司が、
少年を取り巻く環境の変化や対応の
難しさなどを説明したそうです。
やっぱり、合わせるべきですね。
保護司より、権利と責任だと思いますよ。

|

« ねこあつめ | トップページ | ウェアラブル玩具 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事