« 安保関連法案 | トップページ | 新国立競技場 »

東芝問題

不適切会計で揺れる東芝です。

新たに半導体事業で900億円程度の
損失(減損)を計上するそうです。
外部の第三者委員会の調査などで、
営業利益(本業のもうけ)の過大計上が
少なくとも1700億円を超えるそうです。
新たな損失分を含めると、最終的に
3000億円近く利益が押し下げられるそうです。
企業は、工場や土地、設備などの資産を
活用して利益を得ており、資産に
どれだけ収益力があるのか、帳簿に
評価額を載せる必要があるそうです。
これまで決算に計上した評価額は、
従来、東芝が公表していた売上高や
利益、工場の稼働率などに基づいて
計算されていたそうです。
しかし、これらの数字は実態を
反映していなかったそうです。
でも、何故、こんな大きな金額が事前に

わからなかったのでしょうか。
税理士も、公認会計士もいると
おもいますが。

不思議ですね。

|

« 安保関連法案 | トップページ | 新国立競技場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事