« 東芝問題 | トップページ | iPhone当選詐欺 »

新国立競技場

2020年東京五輪・パラリンピックの
主会場となる新国立競技場の
建設計画についてです。

政府は16日、抜本的に見直す方針を固めたそうです。

国際公募のやり直しも含め検討するそうです。
総工費が2520億円に膨らむ現行案では
国民の理解が得られないと判断したそうです。

現在の計画は日本スポーツ振興センター
(JSC)の国際公募で12年11月に
最優秀賞となったイラク出身の女性建築家、
ザハ・ハディド氏(64)のデザインに
基づき作成されたそうです。

総工費は当初、1300億円とされていたが、
2倍近くまで膨張し、与党内からも計画見直しを
求める声が強まっていたそうです。

異常な金額です。
当然、見直すべきですね。

最初の予算より、何故2倍もなったのでしょうか。
おかしいと思います。

もっと安く作るべきですね。
国民の税金ですから。

|

« 東芝問題 | トップページ | iPhone当選詐欺 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事