« 安全保障関連法案 | トップページ | 人民元の切り下げ »

韓国企業

自動車部品メーカーなど複数の

韓国企業が中国からの撤退を
検討しているそうです。
中国市場における需要減退が影響しているそうです。
自動車エンジンを生産する韓国企業の
例を挙げ、2009年に中国に進出した
同社はエンジンの基幹部品は韓国で
生産する一方、残りの部品を中国国内で
生産しているそうです。
中国から撤退すべきかどうかを検討しているそうです。
中国に進出している韓国企業の
景況判断指数(BSI)は2015年4-6月期は
前期比6ポイント減の71にとどまったとそうです。
同指数は100を下回った場合は、
景気の悪さを実感している企業が
多いそうです。
韓国企業も撤退を検討しているのは
中国の景気がよくないのですね。
株価も落ちています。
どうなるでしょうか。

|

« 安全保障関連法案 | トップページ | 人民元の切り下げ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事