« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

福山の結婚の影響

福山雅治の結婚の影響が広がっています。

歌手で俳優の福山雅治さんです。
女優の吹石一恵さんとの結婚を発表しました。

所属するアミューズの株価が29日、
急落したそうです。

女性に人気の福山さんの結婚でファンクラブ
収入など売り上げに影響が出るとの
懸念が浮上したそうです。

株価は一時前日比500円(9.4%)安の
4810円まで下落したそうです。

2013年8月以来の値下がり率を
記録したそうです。

終値は8.3%安の4870円です。

株安によりアミューズの時価総額は
453億円と前日比で41億円減少したそうです。

株価は、全体的に落ちましたからね。
影響はあったとは思いますが。

株価にも影響が出るのですね。

|

朝ドラ「まれ」

NHK連続テレビ小説「まれ」(月~土曜前8・00)です。

最終回が26日に放送されました。

平均視聴率は21・8%(ビデオリサーチ調べ、
関東地区)だったそうです。

全156回(3月30日~9月26日)を通じた
期間平均は19・4%だったそうです。

2012年後期「純と愛」(17・1%)以来
5作ぶりに20%の大台を割ったそうです。

「あまちゃん」(13年前期、20・6%)
「ごちそうさん」(13年後期、22・3%)
「花子とアン」(14年前期、22・6%)
「マッサン」(14年後期、21・1%)と
続いた大台超えは4作連続で
途切れたそうです。

面白かったですが、中だるみだったかも
知れませんね。
やっぱり、コンテンツですね。

出演者は良かったですね。

|

民主党と共産党

民主党の岡田克也代表と共産党の志位和夫委員長が
25日、国会内で会談したそうです。

志位氏は、国政選挙での野党間の

協力と、安全保障関連法の廃止を
目的とする暫定的な連立政権構想に
関する協議入りを要請したそうです。

これに対し、岡田氏は選挙協力に
消極的な姿勢を示すとともに、
連立構想の実現性にも疑問を呈したそうです。

ただ、今後も話し合いを継続することでは
一致したそうです。

政策が違うのに、連立は出来ませんね。

もし、民主党が共産党と連立をすれば、
民主党の支持は、自民党に流れますね。

民主党も、2大政党を目指すのなら
きちんと政策を作る必要が
ありますね。

|

インドネシアの高速鉄道

日中両国が受注を競っていた
ジャワ島ジャカルタ―バンドン間の
高速鉄道計画についてです。

インドネシアのダルミン・ナスティオン

経済調整相は23日、「引き続き進める」と
述べ、先に発表した白紙化を撤回する
考えを明らかにしたそうです。

中国が先週、インドネシア政府の
資金面での要求を受け入れる方針を
示したそうです。

日本が受け入れるのは困難で、中国による
受注が濃厚となったそうです。

インドネシア政府は今月3日、高速鉄道に
関する日中両案ではインドネシア政府に
財政負担が発生するなどとして、いずれも
採用せず、高速鉄道はやめて「中速」鉄道に
すると発表したそうです。

お金の問題ですか。
中国は、国が負担するのですね。
日本としては、難しいですね。
企業ですから。

|

不正なアプリ

スマートフォン(スマホ)の不正アプリが

急増しているそうです。
ゲームや電池、電波の改善など
便利なツールを装ったプリなどです。
電話帳やスケジュールなど重要な
個人情報を管理することが多くなった
スマホにインストールすることで、知らぬ間に
大事な個人情報を抜き取られたり、
勝手に遠隔操作されてしまうこともあるそうです。
現在は700万種類超が確認されており、
その手口は多様化、巧妙化しているそうです。

そんなにたくさんあるのですか。

すごい数です。

簡単に、アプリをインストールしては
いけませんね。

気を付ける必要があります。

|

iPhone、1年替え

米アップル社がiPhone6sを発表しました。

国内大手通信事業者が新たな
料金プランを導入する動きが活発だそうです。
一方、スマホの購入・契約や料金を
巡る新たな議論も起こっているそうです。

米アップル社がiPhone6sを発表した後、
KDDIが1000円値下げした国内通話
かけ放題プラン「スーパーカケホ」
(月額1700円)を投入すると発表したそうです。

ただ、携帯電話やスマホで通話する人は
次第に減っているそうです。

auとソフトバンクが、18カ月で端末を
買い替えられるアップグレードプログラムを
導入したそうえす。

今回発表されたiPhone6sも対象に
含まれるそうです。

また、アップルは、1年ごとに新製品に
買い替えられる月額32ドルからの
アップグレードプログラムを米国で
導入したそうです。

ヒットするでしょうか。
スマートフォンが、進化すれば、
新製品が必要ですが、もうあまり
必要ないように思いますが。

|

ドンキホーテ

総合ディスカウントストア大手、

ドン・キホーテ(東京都目黒区)です。
12月上旬、島根県出雲市内に
「ドン・キホーテ出雲店(仮称)」を
オープンさせるそうです。
山陰への出店は初めてだそうです。
出雲市内には来春、流通大手イオンリテールの
大型店が開店予定だそうです。
競争が激しくなるそうです。
便利さ、安さ、楽しさをコンセプトに、
食品や酒、日用消耗品、ブランド品
などの商品をそろえるそうです。
近くに大型店「ゆめタウン出雲」があるそうです。
さらに西約2キロのバイパス沿いで
「イオンモール出雲店」(渡橋町)もあるそうです。
激戦区ですね。
でも、消費者にとってはよいですね。

|

ポスコの技術盗用問題

韓国の鉄鋼最大手ポスコに特殊な

鋼板の製造技術を盗用されたとして、
新日鉄住金(旧新日本製鉄)が東京地裁
などで起こした訴訟についてです。
ポスコが新日鉄住金に和解金の
名目で3000億ウォン(約304億円)を
支払うそうです。
韓国企業が海外企業の機密侵害に
ついて支払う金額としては過去最高レベル
だそうです。
四半期で赤字になる恐れもあるそうです。
一時は日本企業を上回っていた業績も低調で、
株価も急落、韓国の検察当局から
捜査を受けるなど創業以来最大の
危機を迎えているそうです。
新日鉄住金を退職した社員が、ポスコに
社内の技術内容を流出させた問題です。
日本が勝ってよかったですね。
これが前例となって、技術の流出が
少なくなればよいですが。

|

PS4

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)です。

家庭用ゲーム機「プレイステーション4」
(PS4)が10月1日から3万4980円
(税抜き)に値下げされるそうです。

2014年2月に国内で発売されてから
初の値下げで、現行の3万9980円
(税抜き)から5000円安くなるそうです。

PS4は、2014年11月の販売開始直後から
欧米を中心に爆発的に普及しているそうです。

世界では今年6月までに2500万台以上を
出荷しているそうです。
日本国内の推定販売数は約166万台に
とどまっているそうです。

高精細な映像に加え、ゲームの
プレー動画をネット上で共有できるそうです。

日本での売り上げを上げたいのでしょうね。
ソニーも頑張っていますね。

|

阿蘇山が噴火

14日午前9時43分ごろ、熊本県の阿蘇山で噴火が
発生しました。

噴火したのは阿蘇山・中岳第1火口で、
噴煙は2000メートルまで達したそうです。

これを受け、気象庁は阿蘇山の
噴火警戒レベルを「2」(火口周辺規制)
から「3」(入山規制)へ引き上げたそうです。

噴火警戒レベルの導入後、阿蘇山で
「3」に引き上げられるのは初めてだそうです。

最近、火山活動が活発に
なっています。

鹿児島なども噴火しています。

災害に注意が必要です。

|

東日本豪雨

鬼怒川が決壊した茨城県常総市の

被災現場です。
住民が避難して不在の隙を狙った
“火事場泥棒”ともいえる空き巣被害が
相次いでいるそうです。
県警常総署が警戒を強化しているそうです。

常総署によると、13日までに十数件の
被害が報告されているそうです。
10日の避難直後で、本石下地区や
若宮戸地区で多くの申告があり、
パトロールを強化してからは減少傾向に
あるそうです。
災害に乗じて日本でも、泥棒が
でるようになったのですね。
そういう世の中になったのは
寂しいような気がします。
犯人を捕まえないといけませんね。

|

iPhone6s

アップルから「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」が

発表されました。
KDDIは、「スーパーカケホ」「スーパーアップ
グレードキャンペーン」「スーパー機種
変更キャンペーン」「auにかえる割スーパー」
からなる、iPhone 6s/6s Plusの優遇施策の
数々を発表したそうです。
iPhoneを猛プッシュしていく戦略のようです。
他の各社も、追随しますね。
競争が始まります。
でも、今回のiPhoneの人気は
どうなのでしょうか。
マイナーチェンジのようです。
でも、注目ですね。

|

大企業景況指数

財務省と内閣府が11日、7~9月の
法人企業景気予測調査を発表しました。

景況判断指数は前の3カ月と比較して
景況感が「上昇」したか「下降」したかを
尋ね、上昇と下降の割合の差から算出します。

大企業の全産業の景況判断は
プラス9・6だったそうです。

4~6月期はマイナス1・2で、プラスは
2四半期ぶりとなり、大幅な改善となったそうです。

先行き10~12月期の見通しはプラス7・7。
今年度の全産業の設備投資見通しは
前年度比6・1%増で、前回6月調査時点の
5・9%を上回ったそうです。

株価は低迷していますが、企業の景気は
良いようですね。

中国景気は減速していますが、
日本の企業は頑張っていますね。

いいことです。

|

中国の株価対策

中国の株価対策は今のところ効を
奏しているようです。
代償も大きくなっているそうです。

株式や先物の商いは薄くなっており、
「市場の死」を招く危険もあるそうです。

中国の取引所が指数の変動を抑える
「サーキットブレーカー」の導入を提案し、
当局が長期投資に有利な配当課税を
打ち出してから、主要な国内株式市場の
日中出来高は減少し、株式先物の売買高も
ほぼ消滅しているそうです。

取引の急減は投資家の信頼低下を
反映しているそうです。

中国は株価をコントロールしようと
してますからね。
需要と供給にまかせるべきですね。

そうでないと、投資家はいなくなります。
それだけ、中国が大変なのでしょうが。


|

街角景気

内閣府が8日、8月の景気ウオッチャー調査を

発表しました。
街角景気です。
3カ月前と比べた街角の景況感を
示す現状判断DI(指数)は、前月比2.3
ポイント低下の49.3となったそうです。
2カ月ぶりに悪化したそうです。
中国経済の減速に対する懸念が強まり、
好不況の分かれ目となる50も7カ月
ぶりに割り込んだそうです。
50に近い水準にとどまったため、
景気の基調判断は「緩やかな回復基調が
続いている」を維持したそうです。
家計動向、企業動向、雇用の
3指標とも前月を下回ったそうです。
中国の経済悪化が世界に影響して
いますね。
株価も乱高下しています。
対策が必要かも知れませんね。

|

グーグル

8月10日に、グーグルが大幅な

機構改革を発表したそうです。

持ち株会社「アルファベット」を創設して、

同社は傘下の完全子会社の一つに
なったそうです。

コア事業の検索や広告は新グーグルが

継承するそうです。

自動運転車やロボットなど、これまで「グーグルX」と
呼ばれてきた次世代技術の開発、
「キャリコ」といった医療関連の取り組み、
スマートホームの「ネスト」などは、複数の
ベンチャープロジェクトとしてアルファベット傘下に
スピンオフするそうです。

組織が大きくなったので、組織改革を
おこなったそうです。

今後は、変わっていくのでしょうか。

|

女性学園長

埼玉県の学校法人の女性学園長が

学園費を私的に流用した疑いが
持たれている問題です。
使途不明金が当初の調査結果を
上回る1600万円に上るそうです。
埼玉県で小学校などを運営する
「文理佐藤学園」の佐藤仁美学園長です。
2012年以降、校長を務める小学校の
アメリカへの修学旅行に同行した際に、
ラスベガスのカジノを訪れるなどして
学園費を私的に流用した疑いを指摘されて
いたそうです。
理事らで構成される調査委員会によりますと、
流用された金額は当初、1000万円ほどだと
みられていましたが、学園の理事長であり、
父親の英樹氏の説明などから使途不明金が
1600万円近くに上ることが新たに分かったそうです。
仁美氏は学園長を辞職する意向だそうです。
信じられませんね。
こういう人もいるのですね。
ニュースにならなかったら続いて
いたのでしょうね。

|

スリランカ

スリランカに日本の中古の

軽自動車が輸入され“爆売れ”
しているそうです。
日本独自の規格で「ガラ(パゴス)軽」と
いわれてきた軽自動車です。
だが、現地では中古にもかかわらず、
高額で取引されているそうです。
軽自動車増税や2強の首位争いの
反動で国内販売が伸び悩む中、
新たな市場として注目されているそうです。
昨年10月に、政府が排気量1000cc以下の
中古車の輸出関税を引き下げたことで、
660cc以下の軽の中古車輸出に
拍車がかかっているそうです。
軽自動車でも、よく走りますからね。
燃費もよいです。
日本車は、人気なのですね。

|

ネットフリックス

有料動画配信で世界最大手の

米ネットフリックスです。
2日、日本でのサービスを
本格開始したそうです。
既存の映画やドラマにとどまらない
独自制作のコンテンツを武器に、
世界50カ国以上で会員6500万人を
集める「巨人」がいよいよ日本に
上陸したそうです。
「テレビは無料」という意識が根強い
日本市場を開拓できるのでしょうか。
テレビ、携帯電話、コンテンツなどの
世界のみならず、映画鑑賞やテレビの
視聴スタイルを激変させる可能性を
秘めているそうです。
でも、WOWOWやスカパーは有料ですからね。
やっぱり、コンテンツだと思いますよ。
注目ですね。

|

年賀はがき

日本郵便です。

31日、2016年用お年玉付き
年賀はがきの1等賞品の現金を
過去最高の10万円に引き上げるそうです。

抽選は16年1月17日。魅力的な「お年玉」を
そろえ、販売枚数の減少に歯止めを
かけたいそうです。

年賀はがきの賞品に現金が加わったのは、
14年用が初めてだそうです。
14年用と15年用の1等賞品は1万円だったそうです。

日本郵便は、16年用の1等現金を
10倍にする一方、当選確率を従来の
「10万本に1本」から、「100万本に1本」と
10分の1にするそうえす。

年賀はがきの販売は、1999年用がピークの
約42億枚となったが、15年用は約29億8000万枚
まで減少したそうです。

賞金を増やすのはよいですが、
本数を減らしたら同じですね。
意味がないような気がします。

|

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »