« 暴走事故 | トップページ | 大谷翔平投手 »

飼い猫

飼い猫が飼い犬に比べて増えているそうです。

日本におけるペットの歴史が、大きな転換点を
迎えているそうです。

犬と猫の飼育数が、歴史的な逆転を
迎えようとしているそうです。

なぜ猫が人気なのか。

そこには、飼い主側である人間のさまざまな
身勝手があるそうです。

ペットフード協会の年次推計によれば、

2014年10月時点の猫の国内飼育数は
996万匹と過去3年間で3.7%増えたそうです。

犬がこの間13%減って1035万匹と
なったのとは対照的だそうです。

一世帯当たりの飼育数が犬1.25匹、
猫1.79匹だそうです。

猫は複数飼いが主流だそうです。

猫は清潔好きで、犬のように散歩させる
必要がないそうです。

共働きが増える一方、住宅が狭いことで
受け入れられているそうです。

時代に合わせて、飼う動物も
変わっていくのですね。

|

« 暴走事故 | トップページ | 大谷翔平投手 »

ペット」カテゴリの記事