« テレビドラマ | トップページ | お坊さん便 »

中国の人民元

中国人民元は14日、対ドルで下落したそうです。

一時約4年ぶりの安値を付けたそうです。

中国人民銀行(中央銀行)が
対ドル相場だけで人民元の価値を
測るべきではないと指摘したことを受け、
一段の元安を容認するサインだとの
見方が広がったそうです。

人民銀は11日、為替相場は複数の
国々との貿易と投資を反映するものであり、
通貨バスケットに対する人民元の
変動を考慮する必要があると説明したそうです。

人民銀が運営する中国外国為替取引システム
(CFETS)は、13通貨で構成される新たな
人民元の指数を公表したそうです。

民元は上海市場で現地時間
午前10時12分(日本時間同11時12分)
現在、0.04%安の1ドル=6.4579元
になったそうです。

お金が、中国から出ていっています。
大丈夫なのでしょうか。
注目です。

|

« テレビドラマ | トップページ | お坊さん便 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事