« LINE MALL | トップページ | トランプ氏 »

認知症の事故

認知症の高齢者が列車に

はねられた問題です。
鉄道会社に損害を与えた場合に
家族が賠償責任を負うべきかが
争われた訴訟の上告審判決です。
最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は
1日、「同居の夫婦だからといって直ちに
監督義務者になるわけではなく、
介護の実態を総合考慮して責任を
判断すべきだ」との初判断を示したそうです。
その上で、家族に賠償を命じた2審判決を
破棄して鉄道会社側の請求を棄却したそうです。
家族側の逆転勝訴が確定したそうです。
難しい問題です。
介護する立場としては、良かったですが、
企業としては困りますね。
誰が責任を取るのでしょうか。
これから、認知症はどんどん増加します。
どういう対策を取るべきでしょうか。

|

« LINE MALL | トップページ | トランプ氏 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事