« 保育士、介護職の待遇改善 | トップページ | トヨタ自動車 »

認知症

先進国の多くは、未曾有の超高齢社会に
直面しつつあるそうです。

我が国は、既に65歳以上人口が
全人口の21%を大きく超えているので
「超高齢社会」だそうです。

なかでも最も懸念されているのが、
認知症の増加だそうです。

例えば長期間同じ地域の疾病を調査して
いる久山町コホート研究は、高齢者の
半分以上がいつかは認知症にかかる
可能性があることを警告しているそうです。

しかし、発症率を過去と現在で比べる時に
注意しなければならないことがある。
医学の進歩で診断技術が進むと、病気の
診断率(発見率)が上昇することだそうです。

過去20年間で認知症の発症率は
65歳からのあらゆる年齢層で
低下しているそうです。

確かにそうですね。
認知症が増えているのではなくて
発見率が上がっていることもあります。

でも、認知症にならないように
対策をする必要はありますね。

|

« 保育士、介護職の待遇改善 | トップページ | トヨタ自動車 »

ニュース」カテゴリの記事