« 歌番組 | トップページ | 九州の観光業 »

所得格差

子供のいる世帯の所得格差です。
国連児童基金(ユニセフ)の
報告書で分かったそうです。

ユニセフが経済協力開発機構(OECD)や
欧州連合(EU)に加盟する41カ国の
データを分析。
子供(0~17歳)のいる世帯について、所得が
下から10%の層と中央値の差を比較したそうです。
所得のデータは主に13年だそうです。

日本が41カ国中8番目に大きいそうです。

最も所得の低い層の所得は中程度の所得層の4割で、
一般的な子育て世帯の所得の半分にも満たないそうです。

この報告書に独自の推計を加えた研究者の
分析では、1985年から2012年で格差が
11ポイント拡大しているそうです。

日本は下位10%の所得が中位の39.8%に
とどまったそうです。
格差が最も小さいのはノルウェー(63.0%)
だったそうです。

格差が広がっているのでしょうか。
いろいろな意味での支援が必要ですね。

|

« 歌番組 | トップページ | 九州の観光業 »