« 改正児童扶養手当法 | トップページ | 任天堂 »

グーグルクローム

米調査会社ネット・アプリケーションズが
パソコン用インターネット閲覧ソフト(ブラウザー)
市場の世界シェアを公表したそうです。

今年4月に米グーグルの「クローム」が、
米マイクロソフト(MS)の「インターネット・
エクスプローラー(IE)」を抜いたそうです。
初めて首位になったそうです。

 
「クローム」のシェアは41.7%で、
IEの41.4%を逆転したそうです。

MSが最新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」に
標準搭載した新ブラウザー「エッジ」のシェアは
IEに含まれるそうです。

パソコン市場を制したMSは、1990年代の
「ブラウザー戦争」でネットスケープ社を
追い落としたが、近年はセキュリティーの
欠陥問題などでシェアを失っているそうです。

一方、「クローム」はグーグルのOS「アンドロイド」を
通じて携帯端末向けに普及しています。

スマートフォンの影響も大きいですね。
IEを抜くのはすごいですね。
時代が、変わっています。

|

« 改正児童扶養手当法 | トップページ | 任天堂 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事