« 災害時の窃盗 | トップページ | 北の国から資料館 »

対馬の盗難仏像

長崎県対馬市の寺から韓国人窃盗団が
盗んだ仏像についてです。

日本に返還するよう求める集会が
12日、ソウルで開かれたそうです。

韓国人ら約50人が参加。
集会では「韓国人が盗んだ仏像を返さないなら、
法治国家と言えない」とし、韓国政府に対し、
日本への早期返還を求めたそうです。

こうした集会が韓国で開かれるのは異例だそうです。

問題の仏像は、対馬市にある観音寺の
長崎県指定有形文化財「観世音菩薩坐像
(ぼさつざぞう)」です。

2012年に盗まれ、13年に韓国で窃盗団が検挙されたそうです。

仏像も押収され、韓国で保管されています。
しかし、韓国の浮石(プソク)寺が日本の海賊
「倭寇(わこう)」に略奪された可能性があるとして、
所有権を主張。

韓国政府に引き渡しを求める訴訟を
起こしているそうです。

こういう集会は珍しいですね。

でも、倭寇に略奪された可能性がると
言っているお寺があることが異常ですね。
おかしな国です。

|

« 災害時の窃盗 | トップページ | 北の国から資料館 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事