« 電力切り替え | トップページ | 改正児童扶養手当法 »

ペットの避難生活

余震が続く熊本県で、避難生活も
長期化しています。

そんな中、家族の一員ともいえるペットと
ともに避難している人たちや、
ペットが置かれている現状についてです。

熊本市の動物愛護センターです。

被災地で迷子になっていた犬などが
保護されているそうです。

その数は、地震発生後の10日間で41匹、通常1カ月で
保護されるおよそ30匹を、大きく上回っているそうです。

菊陽町にあるNPO(民間非営利団体)
ドッグレスキュー熊本では、ペットを連れて
避難ができない人から犬を預かっているそうです。

ドッグレスキュー熊本・生松義浩代表は
「うちで預かってほしいという電話は、震災直後から
数えたら500件以上。あとは全部断っている状況ですね」と
話しているそうです。

家屋が被災していますからね。
食料も不足しています。

まず自分たちの生活がありますからね。
ペットのことまでは、難しいかも知れませんね。

|

« 電力切り替え | トップページ | 改正児童扶養手当法 »

旅行・地域」カテゴリの記事