« グーグル | トップページ | アメリカ大統領選 »

舛添都知事

舛添要一都知事(67)に、また新たな
疑惑が浮上したそうです。

舛添氏がかつて党代表を務めていた
新党改革関係者が“告発”したそうです。

「2014年の都知事選の期間中、舛添氏は
新党改革から約400万円の政党交付金を
“ネコババ”しています。新党改革を離党し、無所属で
出馬したにもかかわらず、新党改革支部から
自身の資金管理団体に政党交付金を移動させて
いるのです」
だそうです。

まず、立候補直前の2014年1月3日と22日の
2日に分けて、「新党改革」から舛添氏が代表を
務める政治団体「新党改革比例区第四支部」に
計600万円が寄附されているそうです。

そして告示後の1月28日、31日には、同支部から
舛添氏自身の資金管理団体である「グローバル
ネットワーク研究会」(以下、グ研)に2日に分けて、
約526万円が寄附として移動しているそうです。

このうち429万円が政党交付金、つまり血税であることが、
「政党交付金使途等報告書」により明らかになったそうです。

これも、文春でしょうか。
どんどん出てきますね。

また、記者会見するのでしょうか。
文春からこれからも出てくるのでしょうか。

|

« グーグル | トップページ | アメリカ大統領選 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事