« メルケル首相 | トップページ | 年金の運用損 »

65歳以上の高齢者

総務省が29日、2015年国勢調査抽出
速報集計結果を発表したそうです。

総人口に占める65歳以上人口の
割合は調査開始以来最高となる
26.7%で、初めて総人口の
4分の1を超えたそうです。

全都道府県で65歳以上人口の
割合が15歳未満人口の割合を
上回り、高齢化が進む現状が
改めて浮き彫りとなったそうです。

65歳以上の人口は3342万人で、
総人口に占める割合は05年、
10年の調査に続き3回連続で
世界最高だそうです。

前回調査から3.7ポイント上昇しており、
総務省は「この5年間で『団塊の世代』が
65歳以上となり、割合が大きくなった」
(統計局)と分析しているそうです。

一方、15歳未満の人口は1586万人で、
総人口に占める割合は12.7%と、
世界で最も低い水準だそうです。

高齢者の社会保険が大変ですね。
もっと、働く必要があります。
そして、健康で過ごす必要があります。

|

« メルケル首相 | トップページ | 年金の運用損 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事