« 受動喫煙 | トップページ | 大分の農家の民泊 »

アパートの空室率

首都圏のアパートの空室率が
悪化しているそうです。

不動産調査会社のタス(東京・中央)が
31日統計を発表したそうです。

3月の神奈川県の空室率は35.54%と
2004年に調査を始めて以来、初めて
35%台に上昇したそうです。

東京23区や千葉県でも空室率の
適正水準とされる30%を3~4ポイントほど
上回っているそうです。

相続税対策でアパートの建設が
急増したものの、入居者の確保が
追いついていないそうです。

価格はどうなのでしょうか。
下がっているのでしょうか。

民泊などに利用できないのでしょうかね。


|

« 受動喫煙 | トップページ | 大分の農家の民泊 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事