« 猛暑日 | トップページ | IMF »

参院選の世論調査

読売新聞社は17~19日、参院選公示を前に
全国世論調査を実施したそうです。

参院比例選での投票先は、
自民党が35%でトップを保ったが、
前回調査(6月3~5日)の42%から
7ポイント下落したそうです。
民進党は12%(前回11%)とほぼ横ばいで、
公明党、おおさか維新の会の各7%、
共産党の4%などが続いたそうです。

安倍内閣の支持率は49%で前回の53%から
やや下がったそうです。
不支持率は38%(同35%)になったそうです。

自民党の比例選投票先の数値や
内閣支持率が低下したのは、政治資金の
私的流用問題で辞職する舛添要一・
東京都知事を自民党が知事選で支援したことや、
欧州連合(EU)からの英国離脱の懸念による
最近の円高、株安などが影響したとみられるそうです。

今回は、若い人が、投票します。
どのくらい影響するかですね。
見たみたいですね。

|

« 猛暑日 | トップページ | IMF »

経済・政治・国際」カテゴリの記事