« 27時間テレビ | トップページ | 追加緩和 »

男性の育児休暇

厚生労働省が26日、2015年度の雇用均等基本調査を
発表したそうです。

男性の育児休業取得率は2.65%となり、
1996年度の調査開始以来、最高となったそうです。

前年度に比べ0.35ポイント上昇し、
これまで最も高かった11年度の2.63%を
更新したそうです。

ただ、男性の取得率を20年度までに
13%に引き上げるとする政府目標には
遠く及ばず、低水準にとどまっているのが
現状だそうです。

厚労省は取得率上昇の理由について
「14年4月に育児休業中の給付金が
休業前賃金の50%から67%に引き上げられた
影響が大きい」(職業家庭両立課)と
みているそうです。

低いですね。
でも、過去最高なのですね。

何か、対策が必要ですね。

|

« 27時間テレビ | トップページ | 追加緩和 »