« 常時破壊命令 | トップページ | パリの観光 »

出光と昭和シェル

出光興産の創業家が同社と
昭和シェル石油の合併に反対している
問題です。

出光による昭和シェル株取得への道が
さらに狭まったそうです。

株式公開買い付け(TOB)に
踏み切る場合の届け出に必要な
創業家保有の昭和シェル株の議決権比率を
把握できないためだそうです。

TOBという選択肢は、事実上断たれたそうです。

出光は英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルグループから
相対取引で取得する昭和シェル株の比率を、
当初予定の33・2%から下げる方向で
調整するそうです。

出光が昭和シェル株のTOBに踏み切る場合、
買い付け開始の公告時点で、出光の「特別関係者」に
当たる同社大株主の創業家が保有する昭和シェル株の
議決権数を記した届け出書を、当局に提出する
必要があるそうです。

出光昭介氏ら創業家はこの情報を
明かさない考えで、出光は法令上の
手続きをできなくなるそうです。

もめていますね。
創業家としては、合併はありえないので
しょうね。
難しい問題です。

|

« 常時破壊命令 | トップページ | パリの観光 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事