« デジカメ市場 | トップページ | 最近の葬儀 »

ビール税一本化

政府・与党は今秋から始める2017年度
税制改正の議論で、ビール類の
酒税の見直しを進める方針だそうです。

ビール類の税額の55円程度への
一本化や、ビールの定義拡大が
主な論点だそうです。

安価な発泡酒や「第3のビール」の
増税につながることなどから
先送りされてきたそうです。

消費税率10%への引き上げが
延期されたことも踏まえ、議論を
前進させるそうです。

酒税法は、原料をホップや麦などに限り、
麦芽の比率も67%以上のものだけを
「ビール」と定義しているそうです。

欧州では、麦芽比率がもっと低かったり、
別の原料で風味を付けたりしてもビールだそうです。

財務省は「海外の状況も踏まえて
麦芽比率や原料の範囲を検討する」と
説明。
麦芽比率を見直せば1908年以来、
原料を追加すれば03年の麦以来となるそうです。

結局、税金を増やしたいだけの
ような気がします。
もっと、経費の削減などを議論した方が
良いと思いますが。
違和感があります。

|

« デジカメ市場 | トップページ | 最近の葬儀 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事