« スマスマ | トップページ | ビール税一本化 »

デジカメ市場

熊本地震の発生から約4カ月が
たちました。

ソニーのイメージセンサー拠点被災に
端を発したデジタルカメラ市場への
余震は止まっていないそうです。

地震直後よりも、在庫の減少で
7月以降の方が生産状況は厳しいそうです。

各社は調達影響を精査し、2016年度販売計画の
下方修正や、新製品の発売延期を公表したそうです。

スマートフォンに市場を奪われている
状況に品不足が加わり、特に各社の
コンパクトカメラ事業は二重苦、三重苦に
見舞われているそうです。

震源であるソニーは7月末、16年度の
デジカメ販売について、前年度比44・3%減の
340万台とする計画を公表したそうです。

大手3社の中で最も前年からの減少幅が大きいそうです。

地震と市場縮小の影響に加え少ない生産台数で
利益を確保するため、高付加価値品シフトが
加速しているそうです。

まだ地震の影響があるのですね。
ソニーの画像センサーは、多くの企業が
使っていますから。
影響が大きいですね。

|

« スマスマ | トップページ | ビール税一本化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事