« 追加緩和 | トップページ | リオ五輪 »

アルペン

アルペン(名古屋市)です。

29日、2012年に進出した中国での
スポーツ用品販売事業から撤退すると
発表したそうです。

毎年赤字となっており、今後も黒字化は
見込めないと判断したそうです。

上海市を中心に8店舗を出店したが、
政府の進める倹約令の影響でゴルフ用品の
販売が伸びなかったほか、同業他社との
価格競争も厳しく、業績が伸び悩んでいたそうです。
現在は4店舗となっており、いずれも16年内に閉店する。

アルペンは29日、16年6月期の
連結純損益予想を3億円の黒字から
19億円の赤字に下方修正したそうです。

中国子会社の清算に伴う費用9億円などを
特別損失に計上したそうです。
東証1部に上場した06年以来、
初の赤字転落だそうです。

中国の景気が減速していますね。
製造業だけではなくて、販売も
撤退するところがあるのですね。

あんなに人口が多いのにね。
利益が出ないのは厳しいですね。

|

« 追加緩和 | トップページ | リオ五輪 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事