« 大関豪栄道 | トップページ | 北海道新幹線 »

韓国政府

韓国政府です。

24日、大統領府で開いた政策点検会議で
対北朝鮮政策の見直しを行ったそうです。

朴槿恵(パククネ)政権は従来、対話や
周辺国との協力を重視する政策を
掲げてきたが事実上破綻(はたん)。

現在は制裁と軍事的圧力を重視する
政策を打ち出しているが、緊張の高まりを
懸念する声も上がり始めているそうです。

朴大統領は従来、人道支援や対話などを
通じて北朝鮮との信頼醸成を図る
「韓(朝鮮)半島信頼プロセス」を提唱。

原子力安全や気候変動など協力しやすい
課題から地域対話を始める
「東北アジア平和協力構想」も掲げ、
日中ロなどとの協力を模索してきたそうです。

だが、北朝鮮が1月に続き、9月にも核実験を実施。

朴大統領は22日の首席秘書官会議で
「北はこれ以上、核廃棄の対話に出てこない」と
断じた。
韓国政府は制裁を強化し、新たな軍事対応策の
検討を表明するなど圧力をかけているそうです。

完全に、外交の失敗ですね。
反日も同じです。
経済も失敗しています。

この大統領は、何をやったのでしょうか。

|

« 大関豪栄道 | トップページ | 北海道新幹線 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事