« 豊洲問題 | トップページ | 衆議院の補欠選挙 »

介護保険料

政府・与党は、40~64歳の介護保険料の
計算方法に関し、収入の高い大企業の
サラリーマンなどの保険料負担を増やす
「総報酬割り」の段階的導入に向け
調整に入ったそうです。

負担増となる経済界は反対しているが、
段階的に導入することで理解を
求めたい考えだそうです。

「総報酬割り」は収入に応じて介護保険料を
決める仕組みだそうです。

現在は収入に関係なく加入者数に
応じて算出しています。
収入に関係なく決めるため、所得水準が
大企業より低い中小企業の会社員の
負担は相対的に重くなるそうです。

政府は、経済界に配慮して高所得の人の
保険料の負担を徐々に増やす意向で、
来年度にも導入したい考えだそうです。

介護されている人の負担も増やすべきですね。
医療費も同じです。

保険料を取るところも大事ですが、
支出を抑えるほうも重要です。

|

« 豊洲問題 | トップページ | 衆議院の補欠選挙 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事