« 新国立競技場の年間維持費 | トップページ | 世界のスマホ市場 »

サイゼリヤ

ミラノ風ドリア(税込み299円)などの
低価格メニューが支持される
ファミリーレストラン・チェーン「サイゼリヤ」です。

2010年8月期に78億円の最高純益を達成。

その後は、出店数の急速な増加に
伴うコスト拡大、原材料価格の
高騰などが圧迫要因となり利益を落としたそうです。

しかし、2014年8月期を底に業績
は回復基調にあるそうです。

2016年8月期は既存店売上高、客数、
客単価とも前期超えで、連続増益で47億円程度に
なるそうです。

少子高齢化といわれるけど、大切なのは
市場規模をどう広げていくかだそうです。

今は生産年齢人口、つまりいちばん
消費する人たちの数が減っている。
しかもその層はあまりおカネを持っていない。
高齢者はおカネを持っているけど、将来が不安で
使おうとしない。
だからこそ若者にも高齢者にも高い頻度で
来てもらえるメニューを出していけば、
市場規模は広がるそうです。

すごいですね。
それで、人気があるのですね。
外食産業は、苦戦しています。
知恵が必要ですね。

|

« 新国立競技場の年間維持費 | トップページ | 世界のスマホ市場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事