« 世界のスマホ市場 | トップページ | 中国のデモ »

翁長発言

菅義偉官房長官が示した米軍北部訓練場の
年内返還を「歓迎」した沖縄県の翁長雄志知事の
発言が、県内政党に波紋を広げているそうです。

県政野党の自民県連幹部は返還は
東村高江のヘリパッド建設が条件として
「ヘリパッドを容認したということだ」と強調。

一方で、ヘリパッド建設に反対する与党内からは
知事が賛否を明らかにしないままでの
歓迎発言に違和感を唱える声も上がったそうです。

自民側は翁長知事や県政与党が
名護市辺野古反対で結束する中で、
北部訓練場など辺野古以外の基地問題を
「オール沖縄」の足並みを崩す“くさび”と
する可能性を探るそうです。

県政与党の幹部は知事の対応に
「辺野古との矛盾を指摘されかねない」との
懸念を抱いているそうです。

辺野古埋め立てを巡り県が敗訴した
「辺野古違法確認訴訟」。
県は最高裁への上告理由書で「普天間は辺野古、
那覇軍港は浦添、キャンプ瑞慶覧は沖縄市に移るだけで
返還ではない。負担軽減はうたい文句」と
県内移設を批判したそうです。

だんだん、わからなくなっています。
どうなのでしょうか。

|

« 世界のスマホ市場 | トップページ | 中国のデモ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事