« 人食いバクテリア | トップページ | 生命保険会社 »

高齢ドライバーの事故

全国で高齢ドライバーによる
交通死亡事故が相次いで
報じられています。

インターネットなどでは「高齢者の
運転免許没収」といった極論まで出ているそうです。

警察庁によると、昨年発生した交通死亡事故のうち、
75歳以上が過失の重い「第1当事者」と
なったのは458件だそうです。
この10年で全体の事故件数が減少傾向にある中、
75歳以上が占める割合は7・4%から12・8%に
上昇しているそうです。

ただ、2005年12月末の75歳以上の
運転免許保有者数が236万5533人だったのに対し、
15年には477万9968人とほぼ倍増しているそうです。
必ずしも高齢ドライバー1人当たりの
「死亡事故率」が急上昇しているわけではないそうです。

とはいえ、高齢ドライバーが増えれば、
認知症や老化を背景とした事故のリスクが
高くなります。

やっぱり高齢者には、対策が必要ですね。
定期的に認知症の検査を義務づけるとかです。

そうでないと、これからもどんどん増えます。

|

« 人食いバクテリア | トップページ | 生命保険会社 »

ニュース」カテゴリの記事