« 明治神宮外苑の火災 | トップページ | くら寿司の牛丼 »

インドへの原発輸出

日本とインド両政府は11日、
日本企業からインドへの原子力発電所
関連機材の輸出を可能にする
原子力協定に署名したそうです。

核保有国であるインドは核拡散防止条約
(NPT)に加盟していないが、1998年に
核実験の凍結(モラトリアム)を宣言したそうです。

両国はモラトリアムの継続を前提に
合意したそうです。

原発輸出を成長戦略に位置付ける日本は、
これまで米国やトルコ、中国など13カ国
1機関と同協定を締結しているそうです。

国連常任理事国の5大国以外の
核保有を禁じたNPTの非加盟国とは初めてだそうです。

日本企業が手掛ける発電タービンなどを
インドへ輸出することができるようになるそうです。

協定には、どちらかが一方的に協力を
停止できる条項を盛り込んだそうです。

国内の原発には逆風が吹いて
いますからね。
少しでも、日本企業の業績が
よくなればよいですが。

|

« 明治神宮外苑の火災 | トップページ | くら寿司の牛丼 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事