« 円安 | トップページ | 韓国経済 »

日経平均

日経平均株価がことしの安値から
2割上げ、強気局面に入ったそうです。

相場転換の立役者となったのは
米国大統領選に勝利したトランプ氏で、
同氏の政策が米景気を刺激、インフレに
導くとの期待感が広がっているそうです。

市場関係者の間にも明るい見方が増え、
2017年に向け2万円回復のシナリオが
立ち始めたそうです。

日経平均は18日の取引を1万7967円41銭で
終了、6月24日の年初来安値(1万4952円2銭、
終値)からの上昇率は20%に達したそうです。

事前の予想を覆し、米大統領選の開票が
トランプ氏優勢で進んだ9日は919円安と
急落したが、勝利演説で過激な発言を
控えたことで同氏の掲げる減税、インフラ強化など
経済政策にスポットライトが当たり、
翌日は1000円以上反騰しました。

本当に、上昇するでしょうか。
わかりませんね。
今、上がっていますが。

注視する必要がありますね。

|

« 円安 | トップページ | 韓国経済 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事