« インフルエンザ | トップページ | インドへの原発輸出 »

明治神宮外苑の火災

東京都新宿区の明治神宮外苑の
イベント会場で男児が死亡した火災です。

燃えた展示物を制作した学生が
白熱灯をライトアップに使用したことについて、
「燃えるとは思っていなかった」と説明しているそうです。

同庁などによると、木製のジャングルジムを
制作した日本工業大(埼玉県)の学生らは、
白熱電球の投光器をもともと作業用として
会場に持ち込んでいたそうです。

火災当日は展示物を照らすため、
中に入れたそうです。

同庁は白熱灯の熱でおがくずが
発火したとみており、今後専門家や
学生を立ち会わせて再現実験を行い、
実際に出火につながるかどうか
検証するそうです。

でも、白熱灯ってかなり高温になります。
それくらいはわかっていたと思います。

そして、おがくずのジャングルジム中に
人をいれてはいけませんね。

主催者も含め、安全管理に
問題がなかったのでしょうかね。

|

« インフルエンザ | トップページ | インドへの原発輸出 »

ニュース」カテゴリの記事