« インドへの原発輸出 | トップページ | 米軍駐留費 »

くら寿司の牛丼

回転寿司チェーン「くら寿司」です。

「すしやのシャリカレー」「シャリコーラ」など、
回転寿司らしからぬ斬新なサイドメニューを
相次いで開発してきました。

今度は庶民の味として人気のある
牛丼を投入したそうです。

「牛丼を超えた、『牛丼』」の販売を開始したそうです。
価格は税込み399円。

米国産のバラ肉と国産のタマネギを使用し、
だしにはサバやカタクチイワシなど青魚を
中心とした7種類の魚介だしに、しょうゆや
みりん、酒などを混ぜ合わせ、すき焼きの
ような甘めの味に仕上げたそうです。

今回の牛丼は、再挑戦だそうです。
ヒットするでしょうか。

注目ですね。
寿司屋が、もう、何でもありになっています。

|

« インドへの原発輸出 | トップページ | 米軍駐留費 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事