« 自民都連 | トップページ | スノーボードの全強化選手 »

キリンが絶滅危惧種

国際自然保護連合(IUCN)です。

8日、絶滅の恐れがある野生生物を
分類した「レッドリスト」を更新し、
キリンを絶滅危惧種に指定したと
発表したそうです。

この30年間で個体数が約4割減ったためだそうです。
3段階ある絶滅危惧種の分類の中では
最も危険性が低い「2類」に分類されたそうです。

IUCNによると、キリンは1985年の時点で
アフリカに約15万~16万頭生息していたが、
2015年には約9万7000頭に減ったそうです。

違法な狩猟、農地の拡大などが原因だそうです。

キリンにはアミメキリンやマサイキリンなど
九つの亜種がいるが、キリン全体が
絶滅危惧種になったそうです。

たくさんいるようでしたが、減って
いるのですね。

アフリカの開発がどんどん進んで
います。
国として、保護する体制が
不十分なのでしょうね。

|

« 自民都連 | トップページ | スノーボードの全強化選手 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事