« キムタクのドラマ | トップページ | トランプ政権 »

東芝

東芝の米原発事業での損失が
最大で7000億円規模に膨らむ
恐れが出てきたそうです。

巨額損失で減少する資本を
増強するため、主力の半導体事業を
分社化し、他社の出資を受け入れることを
検討しているそうです。

だが、それだけでは足らず、さらなる
事業売却を迫られる可能性があるそうです。

昨年度は医療機器や白物家電の
事業を売却しており、残る主要事業は
限られているそうです。
東芝の解体が近づいているそうです。

不正会計が発覚した2016年3月期、
東芝はリストラ費用や米原発事業の
損失により、株主資本が3289億円に
落ち込んだそうです。

キヤノンに6655億円で医療機器子会社を
売却した利益がなければ、負債が資産を
上回る債務超過に陥るところだったそうです。

もったいなかったですね。
医療分野はこれからですからね。

でも、それがなかったら、資金繰りが
大変になっていました。

東芝は、どうなるのでしょうか。
厳しいですね。
経営者の責任ですね。

|

« キムタクのドラマ | トップページ | トランプ政権 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事