« セイコーホールディングス | トップページ | 富裕世帯 »

民進党の公約

民進党です。

次期衆院選公約の目玉として
検討している「2030年原子力発電ゼロ」が
揺らいでいるそうです。

蓮舫代表は3月12日の党大会で、これまでの
「2030年代原発ゼロ」から最大9年前倒す方針を
示す意向だが、一定の要件を満たした原発の
再稼働を認める労働組合への根回し不足もあり、
党内で反対論が急増しているそうです。

民進党は15日、エネルギー環境調査会の
役員会を国会内で開催。
会長の玄葉光一郎元外相は「2030年原発ゼロ」
などの方針を明記したペーパーを示したそうです。
16日に予定する党所属全議員対象の
会合では党としての方向性を示さないことで
一致したそうです。
役員会には原発を抱える電力総連の
組織内議員も出席しており、方針明示の
先送りは再稼働容認派に配慮したものだそうです。

9日には、連合の組織内議員が
野田佳彦幹事長に対し、「結論ありきで考え方の
柱を見直すならば、党内の混乱を生む」と
批判する申し入れ書を渡したそうです。

寄せ集め所帯だから、政策が一致しませんね。
党としてどうするのか、決める必要が
あります。

支持率が、今一けたですからね。
また下がります。

|

« セイコーホールディングス | トップページ | 富裕世帯 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事