« 百条委員会 | トップページ | 森友問題 »

日経平均

22日の東京株式市場の
平均株価です。

前日より414円下落し、今年最大の
下げ幅となりました。
19041円で終わりました。

アメリカのトランプ大統領が
掲げる経済政策の実現が遅くなるのではとの
不安感などから売り注文が膨らみ、
去年11月以降続いてきたいわゆる
“トランプ相場”の中でも最大の下げ幅です。

また、外国為替市場で一時、1ドル=111円台
前半と、およそ4か月ぶりの円高・ドル安水準を
つけたことも株価を押し下げているそうです。

アメリカでも、かなり下がりました。

期待しすぎですね。
株価も上がりすぎです。

もっと調整されてもよいような
気がしますが。

|

« 百条委員会 | トップページ | 森友問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事