« NTTの固定電話 | トップページ | 米中首脳会談 »

中国の外貨準備高

中国人民銀行(中央銀行)が7日
3月末の外貨準備高を発表したそうです。

前月比39億ドル増の3兆90億ドル
(約330兆円)と2か月続けて
増加したそうです。

通貨・人民元安圧力となる海外への
資金流出を防ぐため、人民銀が企業や
個人の外貨取引規制を強化して
元相場が安定しており、為替介入の
機会が減ったことが背景にあるそうです。

外貨準備は通貨当局が持つドルなどの
外貨建て資産で、経済不安などで急落した
自国通貨を買い支える資金としても使われ、
その場合、外貨準備は減少します。

人民元の対ドル相場は、昨年末に
1ドル=7元近くと1年間で約7%下落したそうです。

人民銀は急落を防ぐため、外貨準備の
ドルを売って元を買う為替介入を繰り返し、
ピークの14年6月に約4兆ドルあった
中国の外貨準備は今年1月末、一時、
3兆ドルを割り込んでいたそうです。

いつまでも為替を操作するのは
よくないですね。
市場にまかせていませんからね。

|

« NTTの固定電話 | トップページ | 米中首脳会談 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事